時間厳守こそ就航率アップの秘密

ピーチアビエーションは、日本で初めての格安航空会社LCCとして発足しましたが、最初から様々な要因が揃っており、現在も人気のあるLCCとして活躍しています。
LCCと言うと出発の遅延等が多い事でも知られていますが、ピーチアビエーションは、就航率がほぼ100パーセントに近く、日本一のLCCとしても知られています。
何故このように日本一になれたのでしょうか。

予定通りに就航する事は大きなポイント

LCCは先にも触れたように、発着の遅延が話題になる事が多いのですが、ピーチアビエーションは、欠航する率を各段に無くして乗客のニーズに応え続けた事から、これだけの成果を上げる事が出来る様になったのです。
ピーチアビエーションは、まるで都内を走る電車のように、時間通りのフライトや目的地までトラブル無く運航する事を目的として、日々努力を重ねてきました。
社員としても質の高い志のあるプロの社員を採用し、同じ目的を共有する事でこれらの実績を積み重ねてきたのです。

電車のようなイメージで時間厳守を貫く事が信頼に繋がる

格安航空券は乗客自身で用意し、駅の改札を通るような感覚でチェックインを済ませて、時間通りに定刻になれば出発をする、こうしたイメージを全社員で共有していたために、予定通りに就航する事が可能となったのです。
考えてみれば電車はいつどこの電車でも待ってはくれません。
時間通りに出発し、到着するのが日本の電車の売りなのです。
それらをモデルにして、数分の遅れにも対応しないである意味では無慈悲に出発すると言うスタイルが、就航率のアップに繋がったと言えるのです。
ビジネスシーンで利用される方も、レジャーで使用される方も、こうした当たり前の事を守る事をピーチアビエーションから教わっているのでしょう。

関連する記事