格安航空ピーチアビエーションの歴史

格安航空ピーチアビエーションについてご存知ですか?詳しくご説明致します。 - LCC元年からおよそ3年間

LCC元年からおよそ3年間

2012年の日本はLCC元年と呼ばれて、ピーチアビエーションが3月に、成田空港を拠点としたジェットスタージャパンが7月に、バニラエアが8月に就航を開始しました。
和製LCC3社の誕生です。
この中でも成功をおさめたのは、ANAホールディングス系のピーチアビエーションだけで、後に羽田に乗り入れるようになります。

ピーチアビエーションのその後の動き

2012年の就航以来、ピーチアビエーションは、羽田に乗り入れ、成田・仙台をも拠点とするようになります。
ピーチアビエーションは、8月をめどにして、国際線である羽田=台北間の便の運航を開始して、事実上羽田に乗り入れる事に成功するのです。
それだけではとどまらず、成田=札幌、福岡を結ぶ路線を開設して、既に拠点としている関西国際空港から沖縄に続く国内の拠点を次々と増やしていくのです。
国内線のLCCだけでは無く、海外線にも成功をしたのはピーチアビエーションで、2013年3月には決算こそ損失が多く計上されましたが、事実上は、単年度黒字を達成する事になるのです。
採算の方はというと、LCCでは80パーセントの搭乗率があれば採算がとれると言われていますが、それを上回る事が出来、注目度、利便性共に日本一の座を獲得するのです。

悪夢の2014年

2014年はパイロット不足と言う事態を招き、大量欠航を起こしますが、それでも乗客の支持層は厚く、搭乗率は85パーセントを維持すると言う好調ぶりを見せます。
保有する航空機14機の全てをフル稼働させて、国際、国内線の19路線の運航を続け、翌年には決算時における損失もほぼ解消させるまでに成長します。
ピーチアビエーションの支持率の高さは、国内初のLCCと言うだけでなく、様々な方面からの利便性と言う面からも厚い支持を集めているのです。

関連する記事

次の記事: を読む ≫

アーカイブ