ピーチアビエーションが就航開始から成功に至るまでのきっかけ

日本初の格安航空会社(LCC)として、2012年から就航が始まったピーチアビエーションは、関西国際空港を拠点として現在も運航しています。
何と言ってもピンクを基調としたカラーの機体なので、目立ち、分かりやすい事も特徴的です。
そんな格安航空券で国内外へ行ける格安航空会社のピーチアビエーションは、どのように成長してきたのでしょうか。

就航開始時の目標を2カ月早く達成

2012年の就航開始から、ピーチアビエーションは、様々な工夫と努力によって多くの人々の旅の足として成長してきました。
ピーチアビエーションが就航する前の関西国際空港の年間利用者数は、1400万人程だったので、ピーチアビエーションが就航開始をして1年半の間にその2割程度のお客様を運んだと言う実績ある航空会社です。
これは当初の計画よりもおよそ2か月早い目標達成となっています。

ピーチアビエーションを利用する方は初めての飛行機の方が多い

ピーチアビエーションを利用される方は、その価格の安さからか、初めて飛行機をりゆすると言う方が多いのが特徴的です。
また、男女比も1:1で、女性の利用者が多い事も特徴的です。
これらのデータから読み取れるのは、滞在需要を多くし、リピーターの獲得にも繋がっていると言う事でしょう。

ピーチアビエーションは様々な要因が揃っていた

LCCと言う特徴的な航空会社である事の自覚をしており、手ごろな格安航空券の料金と、それを支えるコスト構造が出来ていました。
また、篠田麻里子さんとのコラボレーションにより、ブランドイメージをキュート&クールと言うものにした事も大きな成功の要因だと言えます。
このコンセプトが強く訴えかけた事もあり、現在のピーチアビエーションは成功を収める事が出来たのです。

関連する記事