ピーチアビエーションの歴史は運賃情報抜きでは語れない

ピーチアビエーションの成長の秘密は運賃とその航路にあると言われています。
ピーチアビエーションと言えば、日本で初めての格安航空券で飛行機が利用出来る格安航空会社LCCとして草分け的な存在ですが、業界では異端児的な存在でもあります。
そんなピーチアビエーションの歴史の中で、運賃について注目して行きたいと思います。

単純な格安だけではないピーチアビエーション

ピーチアビエーションが提供している運賃種類は合計で2種類あります。
基本のハッピーピーチと、オプションがセットになったハッピーピーチプラスです。
これらの違いは、後者の方が、受託手荷物1つ分、座席指定料金、変更手数料のオプションがついていると言うだけで、後は変わり有りません。
その料金差は、一定では無く、路線や搭乗する便、シーズン等によって国内線でおよそ4000円前後の開きがあります。
通常のハッピーピーチでは手荷物1つあたり2000円から3000円かかりますので、それを考えるとオプションを付けておいた方が安い場合もあるのです。
こうした工夫、シーズンによる価格変動があっても、必ず乗客を満足させてくれるシステムを開発しているのがピーチアビエーションなのです。

これらの他に運賃面では頻繁にセールを開催

運賃面では、頻繁にセールを行う事で集客率をアップさせているのがピーチアビエーションです。
いつの頃から始まったのかはわかりませんが、頻繁にセールを行っているのです。
こうしたセールと、自分のトラベルプランが一致した場合は非常に嬉しいものですし、格安の中の格安航空券で国内外を移動出来ますから、利用者からの注目度も高いのです。
その安さは、一例を挙げると、神作から新千歳線の一部がおよそ2000円と言う破格の設定である等が挙げられます。

関連する記事